仮想通貨は、詐欺師が大活躍!?フェイスブックは詐欺広告だらけ?

引きこもって、アニメとフィギュア集めてます。バイトしてないから、在宅ワークとかオンライン投資で費用捻出してます。もちろん、仲間(といってもそんなに親しくない。会ったこともない。実名もしらない。HNのみ。)もみんなおんなじです。在宅っていったって、仕事なんかないから要らないものはじからオークションで売ったり、FXやったり、いらなくなった(不謹慎な!)フィギュアを処分したり…あと、トレーディングカードか、これのせどりは結構、いけるとかね。自分はそっちはまるでしらないから話し聞くだけだけど。

 

で、仲間内でいま、もっとも熱いのが仮想通貨なんだ。去年、ビットコインを買っていま、すごいことになっているとかね。で、フェイスブック(友達は10人未満。当然ながら。)たまたまアクセスしたら、広告があったので、みてみたよ。その名もワールドピースコイン。仮想通貨取引所CryptoPie(クリプトパイ)に上場予定なんだって。ってさあ…これ、詐欺でしょ!だって…このワールドピースコインのプロジェクト協力者と仮想通貨取引所CryptoPieの経営者が一緒って…おかしいよね。で、しかも、このクリプトパイって仮想取引所のHPがうけるよ。だって、「世界一みやすい取引画面」だって。

 

フェイスブックは広告に何の審査もしてないわけ?以前、グーグルがユーチューブの変な動画に広告をのせて、その広告主から訴えられたんだっけ?そういう事件があったと思うんだけど、糞コンテンツに広告が掲載されて、広告主が広告料金としてむしり取られるのがグーグル。まともなコンテンツに詐欺広告が掲載されるのがフェイスブック。こういう図式なのかな?

 

なんかギルドとか、まあなんでもいいんだけど、ネットでプレーヤー同士、盛り上がってくると結局、いつもマルチの話か、こういう話になるんだよね。ちょっと前にはWWCウォレットの勧誘を受けたなあ。PDFで送られた資料みると、よ~く、出来てて。ワールドピースコインみたいのとは違うなって感じたんだけど、バカみたいに高額な費用が必要でさ。その後、どうなったんだろうね。まったく話きかないや。結局、ただのマルチ?

結論なんだけど、こういうものに投資するときって、自分がそれの何に引かれたか?を考えると参考になると思う。私がマスターカードのWWCウォレット、すごいなとおもったのは、5口購入すると、後は誰も紹介しなくても権利収入がある、っていうところ。最近のマルチはあんまり聞かないけど、昔からあるマルチは初期のメンバーが複数口入ることでだれも紹介しなくても下に、他の人の紹介者がくっついて、で、どんどん権利収入がはいってくるってことが可能だったんだよね。たしかに知り合いにそういう人がいたんだ。あとは叶姉妹の本当かどうかしらないけどNTTドコモの代理店だったからとか、そういう都市伝説。そういうの叩き込まれた後。WWCウォレットの話聞くと、やっぱり関連付けて興味持っちゃうよね。

ビットコインとそれ以外の仮想通貨、ビットコインは詐欺ではない、そう考えると他の怪しい通貨と何がどう違うのか?どうやって見分けるのか?だけど、どこでその仮想通貨を買えるのか?みれば一つの目安になるんじゃないかな。ビットコインの買い方と、たとえばワールドピースコイン(WPC)、WPCっておそらくはこの説明会にって、マイニングの機械だかソフトだか、権利だかにお金を払うことで買うことになるのだとしたら、この販売者だけが特をする仮想通貨かkもしれないけど、まったく流通しない通貨でおわる可能性が大だよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です