ブログ

シュトゥットガルトバレエ団の公演チラシ

シュトゥットガルトバレエ団の公演チラシが届きました。
シュトゥットガルトバレエといえば、ジョン・クランコ、ジョン・クランコといえばシュトゥットガルトバレエのオネーギン。私はオネーギン、大好きです。もちろん、オネーギンならどこのバレエ団でもいい!といってしまえばいいのですが、シュトゥットガルトバレエ団であれば話は別です。ハズレなし、ですよね。

 

ということで購入を前提にDMの出演者を見ていたら、びっくり!なんと、ディアナ・ヴィシニョーワがいます。マチュー・ガニオもいます。これは…すごい!すごすぎます。ということでディアナ・ヴィシニョーワの出演するオネーギン、チケットを申し込もうと思います。

 

それにしても、ネットで席も指定できるなんてずいぶん便利になったものです。おそらくはこの当たりという感じで個別の席の予約というのはできないんじゃあないかなとおもいますが、それでも、昔の席の種類を選ぶことしかできなかった頃とくらべるとずいぶん、進歩しました。逆にいうと、そのくらい丁寧に対応しないとチケットがさばけない、ということかもしれませんね。

 

以前は、NBSのバレエ・フェスティバル、プラチナチケットといいますか、本当に取ること自体が難しかった。しかし、チラシを見ているとまだ、残っているのでしょうか?昔は、予約だけで完売。一般への販売なんてありませんでした。もちろん、席を選ぶなんて贅沢も許されなかったのですが‥

 

ずいぶん、変わりました。バレエ鑑賞の人口減少には歯止めがかかっていないようですね。