イベント

7月14日は革命記念日のお祭り

投稿日:

毎年、7月14日は革命記念日です。1789年の7月14日にバスティーユ監獄が襲撃され、そこからフランス革命がおこりました。で、現在では毎年7月14日は革命記念日のお祭りがパリだけではなくフランス全土で行われます。とはいえ、フランス革命がパリからおこったのですから、パリが持ち上がるのは当然です。なので、早朝からシャンゼリゼ通りの交通を遮断します。ほぼ全テレビ局でシャンゼリゼ通りのパレードは中継されます(ただし日本から見ることはIPアドレスでフランス国外とわかってしまうのでできません)。
↓当日は早朝からシャンゼリゼ通りは通行止になります。

当日はまずは各軍隊がシャンゼリゼ通りの片側に整列します。空いた隣の車線を大統領を載せた特別車両がゆっくりと通り過ぎます。大統領の車両の前後には共和国親衛隊の騎馬兵が続きます。この騎馬隊はとても美しいです。

その後、各士官学校や、外人部隊、国内の各部隊の行進が続きます。最後に機動部隊(戦車など)が続き、空軍へと移ります。空軍は最初と最後に3機の戦闘機が凱旋門の手前で合流し、三色旗の色の煙幕を出しながらシャンゼリゼ通りを飛行します。

その後、戦闘機や、ヘリコプター部隊や空中空輸機など、航空機が通り過ぎます。最後にもう一度3色旗の色の煙幕を出した航空機が通って終わります。以前は7月14日のお祭りはこれだけだったのですが、2012年ころ(正確な年数、忘れました)から、午後9時からエッフェル塔前のシャン・ド・マルス広場でコンサートが行われるようになりました。夏のパリは午後9時でも明るいです。そして、コンサートが終わり午後11時半。今度は同じその場所でエッフェル塔に仕掛けられた花火をつかった花火大会が始まります。音楽やライトアップと一緒に日本の花火とは全く違った花火の美しさを堪能することができます。

-イベント

Copyright© パリで最も眺めの良い部屋は? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.